05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

After 311 

3月11日

嫁が生まれ育ち、娘達が誕生した
三陸の美しい街が一瞬にして全滅しました。

岩手県 大槌町 三陸の港町。

それが私の誕生日だったという事は皮肉な事です。

先日の記事で、2年前の大槌の風景を御紹介しました。

4月2日に、震災後の大槌町界隈に行く事が出来ましたので、
その時の写真を一部御紹介します。

X ENGIN-6595
街の遠景(仮葬場付近より)瓦礫の荒野と化しています
X ENGIN-6615
土砂に埋もれた人の生活と命
X ENGIN-1130073
大槌川を渡る橋
X ENGIN-1130175
市内はガソリンスタンドが爆発し焼失
X ENGIN-6582
荒野に残った木の枝には様々な生活用品が引っ掛かっています
X ENGIN-6571
市場から流された魚が無残にちりばめられ悪臭を放っています
X ENGIN-1130004
土砂の中から拾い上げられたアルバム
X ENGIN-1130183

/ Nikon D40X、 Panasonic GF1

風が吹く度に
粉塵が舞い上がる、
殺伐としたこの光景を見るにつけ、
私は言葉を失いました。

被災地以外で、
テレビではオモチャの様に建物や車が流される光景が
繰り返し放映されました。

その一部は、想像を絶する映像であるが故に、
受け入れがたい世界となって,
かえって現実感を損なっているように思います。

しかし、津波で失われたのは建物ではなく、
生活、記憶、想いで、楽しみ、家族、人生、夢、生きがい・・
そして多くの命でした。

現地では、いろいろな話やエピソードに出会いましたが、
ここでは割愛します。

犠牲者の方々の御冥福を、心からお祈り申し上げます。
そして生き残った皆さんは、
無くなった方のためにも頑張って生きて欲しいと思うのです。

フォトブログのランキング参加しています。よろしければ
クリックお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

スポンサーサイト

category: 東日本大震災

thread: ある日の風景や景色

janre: 写真

Posted on 2011/04/04 Mon. 13:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cafebayshore.blog61.fc2.com/tb.php/805-1c1ba8c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。